CAD短期集中のコース

スポンサードリンク

 

CAD短期集中のコース

CADを学びたいと思う方にとって、CADの学び方は、スクールに通う、スクールの通信教育を受ける、独学で学ぶなどがあります。
例えば、CADスクールに通うという方法の中でも、定期的にCADスクールに通い何十時間も受講し、しっかり学ぶコースと、数日間だけCADスクールに通い、短期的に学ぶコースとがあります。
ここでは、あるCADスクールで実施されている、短期集中ベーシックコースというコースのスケジュールや、授業内容について説明してみます。
まず、短期集中ベーシックコースでは初心者を対象とした内容で、授業を行っています。
3日間という短期で、AutoCADを使って、2Dでの図面を作成する上で最低限、必要な知識や操作方法を学ぶことができます。
短期のコースを受講する人は以下のような方が適しているのではないでしょうか。

  • 短期集中コースを受講後、すぐにAutoCADを使う予定のある方。
  • 忙しくて時間が無いため短期間に、集中してCADを学びたい方。
  • AutoCADで、2Dによる基本的な作図機能を学びたい方。

以下は、短期集中コースの代表的な授業内容の例です。

1日目(基本的な操作とコマンド)
  • AutoCADの起動方法、画面構成、マウスの使い方
  • 基本的な作図コマンド
    (線分・ポリライン・円・長方形・円弧)
  • 作図補助機能の使い方
    (オブジェクトスナップ・直交モード・極トラッキング)基本的な修正コマンド
    (削除・移動・複写・配列複写・鏡像・回転)

2日目(高度なコマンドと操作方法)

  • 作図コマンド
    (ハッチング)
  • 修正コマンド
    (オフセット・分解・トリム・延長・フィレット・面取り・ストレッチ・尺度変更・ポリライン編集・結合・グリップ・プロパティパレット)
  • 尺度について
3日目(図面の詳細設定と出力)
  • 文字の種類と記入法
    (マルチテキスト・ダイナミック文字記入・文字スタイル・位置合せ・文字編集)
  • 寸法の記入と設定
    (寸法の記入・寸法スタイルについて・尺度のある図面での設定)
  • ブロックの紹介
    (ブロック定義・ブロック挿入・Design Center・ダイナミックブロック)
  • 印刷について
    (印刷ダイアログ・印刷スタイル)

短期とはいえ、AutoCADに関しての、全般的な知識や使い方を学ぶことができるコースとなっています。
CADスクールによって、授業内容は多少変わってくると思いますが、AutoCADを一通り使うための知識は、学べることに間違いはないでしょう。
参考:Lemon CADスクール

 

CAD短期集中のコース関連ページ

CAD通信講座忙しい人に
CADを学ぼうと思った時、スクールを考えるという方がほとんどでしょう。しかし、どう考えても、通学するような時間がないとなれば、
CAD技術者試験はスクールで合格
CADスクールに通って、何気なく授業を受けていれば、CADを使うことは、できるようになるかもしれませんが、CAD利用技術者基礎試験くらいには、合格しておきたい。
CAD1日コースで基本を学ぶ
CADスクールで行われている、AutoCADの1日コースは、AutoCADを使っていく上で、最低限覚えておくべき事を教えてくれます。
CADスクールで技術者試験合格
CAD利用技術者試験には、受験資格はありませんが、CAD利用技術者1級試験には、実技試験があるので、独学で合格するのは難しいという現実があります。
CADスクールで短期講座受講
基礎的な内容を学ぶ短期の講座に関する情報は、パンフレットや、ホームページを調べると、いろいろな内容の講座の情報が出てきます、自分に合う講座を受講してみるのも良いのではないでしょうか。
AutoCADの種類とCADスクール
「AutoCAD」や「AutoCAD LT」のように、広く使われる汎用CADソフトも、業種ごとの専門CADソフトも学べたらいいのですが、スクールによって違う講義内容と、使用するCADソフト。
CADに関する資格
CAD資格と言っても、ほとんどが民間の認定資格です。でも、就職や転職時には大変有利に働いてくれます、CADに関連した資格や試験にはどんなものがあるのか少し調べてみました。

スポンサードリンク