CADに関する資格

スポンサードリンク

 

CADに関する資格

CADスクールに通う目的のひとつに資格を取るというのがあると思います。
CAD関連の資格にはいったいどういう資格があるのかご紹介してみたいと思います。
CAD関連の資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 【CADトレース技能審査】
    この審査による資格は民間資格よりは少しだけ権威がある資格で、厚生労働大臣認定の公的な資格です。
    誰でも受験することができるわけではなく、実務経験者であることという条件があります。
  • 【建築CAD検定】
    全国建築CAD連盟が主催している民間資格です。
    レベルに合わせて2級から4級という段階があります、試験内容は建築の図面のトレースという実技のみの内容です。
  • 【CAD利用技術者試験】
    この資格は社団法人日本パーソナルコンピューターソフトウェア協会が認定している資格で、1級と2級の2種類あります。
    CAD利用技術者試験は民間の試験です、したがって試験に合格しても国家資格と言ったようなものは取得できませんが、就職や転職の際に有利になる民間資格のひとつといえます。
    受験するための資格というものがなく、誰でも受験することができます、昨今では2万人もの人が受験しています。
    また、試験は年に6月と11月の2回行われています。
    検定料は2級が5,000円、1級が14,000円になっていて、併願する場合は17,000円になります。

CAD関係の試験、資格には、様々なものがありますので、将来や現在の環境に合わせて、受験してください、受験することで、また、合格することで違った世界が見えてきたり、ご自身の自信にもつながります。

CADに関する資格関連ページ

CAD通信講座忙しい人に
CADを学ぼうと思った時、スクールを考えるという方がほとんどでしょう。しかし、どう考えても、通学するような時間がないとなれば、
CAD技術者試験はスクールで合格
CADスクールに通って、何気なく授業を受けていれば、CADを使うことは、できるようになるかもしれませんが、CAD利用技術者基礎試験くらいには、合格しておきたい。
CAD1日コースで基本を学ぶ
CADスクールで行われている、AutoCADの1日コースは、AutoCADを使っていく上で、最低限覚えておくべき事を教えてくれます。
CAD短期集中のコース
即実践したい方なら、短期間で、集中して、AutoCADに関しての、全般的な知識や使い方を学ぶことができるコースがお薦め。
CADスクールで技術者試験合格
CAD利用技術者試験には、受験資格はありませんが、CAD利用技術者1級試験には、実技試験があるので、独学で合格するのは難しいという現実があります。
CADスクールで短期講座受講
基礎的な内容を学ぶ短期の講座に関する情報は、パンフレットや、ホームページを調べると、いろいろな内容の講座の情報が出てきます、自分に合う講座を受講してみるのも良いのではないでしょうか。
AutoCADの種類とCADスクール
「AutoCAD」や「AutoCAD LT」のように、広く使われる汎用CADソフトも、業種ごとの専門CADソフトも学べたらいいのですが、スクールによって違う講義内容と、使用するCADソフト。

スポンサードリンク