CAD技術者試験はスクールで合格

スポンサードリンク

 

CAD技術者試験はスクールで合格

ご存じのように、昨今、資格ブームと言っても過言ではない状況にあります、中でも、CADは、技術系の人に人気の資格と言えるでしょう。
この資格ブームに乗って、何かしら資格を取って、将来のために、あるいは、スキルアップのために、何か資格を取っておきたいとお思いの方は、本当にたくさんいらっしゃいます。
実際に資格の取れるスクールに通っている方も大変多くいらっしゃいます。
最近、人気があるといわれる、CADの資格でも取っておこうかと、安易な考えで、スクールに通っている方、将来、きっと何かの役に立つだろうからなどと、真剣に将来のためにという想いではない方も、スクールに入って勉強している場合もあります。
しかし、スクールに通って、何気なく授業を受けていれば、CADを使うことは、できるようになるかもしれませんが、CADスクールに入って授業料を払っている以上、最低でも、CAD利用技術者基礎試験くらいには、合格しておきたいものです。
CAD利用技術者試験は、2級、1級とステップアップしていくことで、CAD技術者として世間でも認めてもらえるようになるだけでなく、CADを、使っての仕事の幅もどんどん広がっていきます。
CAD利用技術者試験は、基礎試験に合格することで、CAD利用技術者2級試験、CAD利用技術者1級試験へと進んでいくのが一般的です。
ただ、CAD利用技術者2級試験には、受験資格というのは設けられていませんが、CADシステムを使っている企業に、CAD関連の職種(製図・CAD製品の営業・販売など)で、半年以上働いている方が持っていると思われる程度の知識が必要となるくらいのレベルの試験ということになっています。
CAD利用技術者1級試験には、機械、建築、トレースといったそれぞれ専門の知識や技能が必要なだけでなく、CAD利用技術者2級試験に合格している必要があります。
3次元CADに関するCAD利用技術者試験には、それぞれ、2級、準1級、1級とあります、3次元CADに合格すれば、機械や、建築業界だけでなく、自動車メーカーのような大手企業への就職の希望もあります。
これらの試験は、一般にいう資格ではなく、「この人は、CADに関して、これくらいの知識や、技能の持ち主であることを認めます。」というもので、認定試験といわれるものです。
CADのように、資格試験のないものは、試験に合格しないと、使ってはいけないというような性質のものではありません、CADは、試験に合格しようが、不合格であろうが、あるいは、全く受験しなくても使うことはできます。
しかし、全く認定を受けていない人が、CADが使えるといっても、どの程度使えるのか、本当に使えるのかなどを他人は判断できません、しかし、CAD利用技術者1級試験などの認定試験に合格していれば、この人は、1級に、認定されているから、最低でも、これくらいの実力があるのだなといった判断ができるのです。
やはり、これらの試験は、難関です、CAD取得を目指すなら、やはり、独学ではなく、ちゃんと、CADスクールで、教えてもらって、試験突破に向けて頑張るというのが、本筋ではないでしょうか。

CAD技術者試験はスクールで合格関連ページ

CAD通信講座忙しい人に
CADを学ぼうと思った時、スクールを考えるという方がほとんどでしょう。しかし、どう考えても、通学するような時間がないとなれば、
CAD1日コースで基本を学ぶ
CADスクールで行われている、AutoCADの1日コースは、AutoCADを使っていく上で、最低限覚えておくべき事を教えてくれます。
CAD短期集中のコース
即実践したい方なら、短期間で、集中して、AutoCADに関しての、全般的な知識や使い方を学ぶことができるコースがお薦め。
CADスクールで技術者試験合格
CAD利用技術者試験には、受験資格はありませんが、CAD利用技術者1級試験には、実技試験があるので、独学で合格するのは難しいという現実があります。
CADスクールで短期講座受講
基礎的な内容を学ぶ短期の講座に関する情報は、パンフレットや、ホームページを調べると、いろいろな内容の講座の情報が出てきます、自分に合う講座を受講してみるのも良いのではないでしょうか。
AutoCADの種類とCADスクール
「AutoCAD」や「AutoCAD LT」のように、広く使われる汎用CADソフトも、業種ごとの専門CADソフトも学べたらいいのですが、スクールによって違う講義内容と、使用するCADソフト。
CADに関する資格
CAD資格と言っても、ほとんどが民間の認定資格です。でも、就職や転職時には大変有利に働いてくれます、CADに関連した資格や試験にはどんなものがあるのか少し調べてみました。

スポンサードリンク