CAD技術者のお仕事

スポンサードリンク

 

CAD技術者のお仕事

現在、CAD資格取得のため、スキルアップのためなど目的はさまざまでしょうが、CADのスクールに通っている方は多いと思われます。
CADスクールを卒業後どんな職業に就いたらいいのか、あるいは、どんな職業があるのかなど悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで、CADを使ってできる職業には、どういう職業があるのか、簡単に、紹介しますので、将来の職業選びの参考にしてください。

◎ CADデザイナー
CADを使用して設計図、建築物の完成予想図、都市計画のシミュレーションなどをデザインする仕事です。
◎ CADオペレーター
建築士や、設計士が、作成した設計図を、CADを使って製図する仕事です。
建築士や、設計士が、CADを使用して設計・製図する場合も、もちろんあるのですが、CADの使用に時間がかかってしまうため、CADを使って製図してくれる専門家のCADオペレーターに依頼します。
◎ 建築士
基本的にはCADを使って建築物の設計をしたり、工事現場の管理を行います。
CADが普及する以前は、手書きで設計書などを書いていたりしたのですが、CADの普及に伴い、また時間短縮のために、今では建築士自らCADを使用しながら設計しています、建築士として、CADを使用する場合は、建築士としての専門知識が必要となります。
◎ 工業デザイナー
さまざまな業種において、CADを使用して工業製品のデザインをすることを仕事としています。
例えば自動車、バイク、航空機などの乗り物や、文房具、家具、電化製品などはCADを使用してデザインされているのです。
このように業種にかかわらず多岐にわたって活躍することができるのが、CADを使った仕事なのです、専門知識の必要な設計やデザインセンスが必要なデザイナーとなるとCADを学んだだけではできませんが、設計図やデーターから、図面を起こす仕事がCADを使った仕事の代表的なものと言えます。
言い換えれば、製品を作る上で、図面が必要な分野の業種には、CADを使った仕事があると言うことになります、今現在CADを使っていない業種でも、近い将来CADを使って製図という仕事ができるようになるかもしれませんね。

CAD技術者のお仕事関連ページ

CADを仕事に生かすために
CADオペレーターを目指すにしろ、何か資格を取得するにせよ、せっかく取得した技術や、知識を無駄にしてしまうかは、取得の時の考え方や、将来に対する目標が大きく左右するのでは?
CADは初心者にも優しい
初心者が、CADは、難しいと感じてしまうのは無理もないことです、初心者だから分からないこと、できないことがあるのは当然です、CADは、難しそうだからと、諦める必要はないということです。
CADオペレーターは専門知識も必要
業界専門のCADソフトとか、職種に合わせたCADの使い方など、独学ではなかなか学べないような内容の授業も、CADオペレーターを目指すなら、スクールで学びましょう。
CADスクール卒業後の就職先
CADスクールを卒業すると、やはりCAD関係の会社に就職しますよね、では、CAD関係の会社にはいったいどのようなところがあるのでしょうか。

スポンサードリンク