CADの需要は増える

スポンサードリンク

 

CADの需要は増える

CAD技術者や、CADオペレーターとして働きたいと考えている方は、たくさんいらっしゃると思います。
CAD技術者や、CADオペレーターは、これからの時代、ますます需要の増える職業のひとつででしょう。
しかし、CADの技術者やオペレーターとして、就職するためには、CADのソフトが使えなくてはなりません。
CADソフトを使いこなせるようになるために、スクールに入って、学んだり、通信教育を受講することで、基礎知識をしっかりと身につけてから、設計事務所や建設会社などで働いて、経験を積むのが一般的といえるでしょう。
CAD関連の仕事に就くためには、国家資格といったような、資格は必要ないのですが、実技試験に合格しないと取れない、CAD利用技術者の1級を取っておけば、就職や転職に、非常に有利になります。
CAD利用技術者1級を持っていれば、CADに関する募集を出している企業や団体になら、ほぼどこにでも、就職できると言えるのではないでしょうか、ただ、絶対とはいえません、就職の条件に別の要件が絡むこともあります。
例えば、実務経験が数年必要ということもあります、ただ、どんなに多くの条件があったとしても無資格者と比べれば、はるかに有利であるといえます。
昨今では、CADを使ってやる仕事は多いのですが、CADを扱える技術者が足りないというような状況です。
また、ますますCADを使っている業種の幅は広がってきており、CADを扱えれば多方面にわたって活躍することができますので、設計事務所や建築会社などでしか働けないと言うことはありません。 
独学で、CADを学ぶのなら、jwCADのようなフリーソフトがありますが、いきなりソフトを使ってみるより、まず基礎知識を身に付けることから始めるのがやはり、一番の早道と言えるでしょう。
ほとんどの、CADスクールでは以下の職業に対する授業を展開していますので興味があるかたは問い合わせてみてください。
【CADを使える職業】
CADオペレーター テクニカルサポーター CAD設計技術者
マニュアルライター 業界カタログ製作者 CADインストラクター
まだ、さまざまな職業があるとは思いますが、主なものは上記の職業です。

CADの需要は増える関連ページ

CADスクールが今熱い理由
新聞や雑誌の求人広告を見てみると、多くの企業からCAD技術者は求められているということが分かりますが、なぜCAD技術者の人員が不足しているのでしょうか。
CADスクールでつかむ将来
CADは、そのメリットから多くの分野の業種に普及しました、設計・製図だけのために利用される技術ではなくなっています、CADは、今後、もっと多くの分野に普及し、CAD技術者の需要は益々拡大していくのではないでしょうか。

スポンサードリンク