CADを学ぶには

スポンサードリンク

 

CADを学ぶには

CADを勉強したい、CADに関して知りたい方に、CADの初歩と言える知識をご紹介しましょう。CADスクールに通うことを考えている方にはぜひ読んで頂きたい情報です。
このサイトでは、何度も紹介していますが、CADとはComputer Aided Designの略語です、コンピューターの助けをかりて、設計や製図をすることで、「キャド」と読みます。
CADには、コンピューターにインストールして使うソフトが必要です、この、CADソフトには、大きく分けて二つあります。
まず、広く一般に使われている、汎用CADソフト、このソフトは、業種や、職種にとらわれることなくいろいろな場面で使えるようにカスタマイズできるようになっています。
jwCADというフリーソフトをご存じでしょうか、これはこの汎用ソフトという分野に入るのですが、残念ながら、CADの認定試験である、CAD利用技術者試験でのソフトとして推奨されていません。
やはり、CAD利用技術者試験の合格を目指すなら、普段から、CAD利用技術者試験で、推奨されているソフトになれておいた方が良いでしょうね。
もう一つ、汎用CADソフト以外に、専用のCADソフトがあります。
これは、建築なら、建築に関しての設計、製図だけを目的としたソフトです、専用CADソフトは、建築と、機械に関するものがほとんどですが、大手の各企業では、その企業に併せて専用のCADソフトを、作って使っているところもあるようです。
企業が、自社のために専用で作っているソフトなどは別としても、機械や、建築に特化したソフトなど、個人では購入できません、というよりも、将来これらそれぞれの業界で仕事をすると決めていないと、どちらかを購入しても、違った業種に就職などすることになったら、まったくの無駄になってしまいます。
汎用CADソフトにしろ、専用CADソフトにしろ、非常に高価なものです、個人が「ちょっと買ってどんなものか触ってみようかな。」といったレベルで、気軽に買えるような値段のソフトではありません。
CADスクールに入って勉強するとなると、話は変わってきます。
スクールには、実技のためのコンピューターが、当然のように設置されていますし、CADソフトもインストール済みです。
CADスクールに入れば、CADソフトが実際に使えるといっても、どこのスクールでも同じソフトを使っているわけではありません。
ほとんどの場合、汎用CADソフトのどれかを使っているようですが、建築関連の学校や、企業と提携しているような所は、建築に関する専用ソフトを使っているところもあるようです。
CADを学ぶぞと決めたら、次は、スクール選びになると思いますが、近いから、授業料が安いからなど、選択の理由は個々で、いろいろあるでしょうが、そのスクールで使っているソフトは、多くの企業で使われているものか、専用ソフトを使っているのかなど、ご自分の将来を見据えて、CADスクール選びを考えてください。

CADを学ぶには関連ページ

CADって何、基礎の基礎
CADが、就職や転職に有利だと聞いたがCADって何なのという方、CADスクールに通うべきかどうか悩んでいる方のために、CADやスクールについて分かりやすく説明してみましょう。
CADスクールに入る前に
CADは、就職や転職を考えている人に限らず注目を浴びています、スクールに入って技術を学ぼうとしている人は、知っておいた方がいい知識を、紹介。
CADスクールが人気の訳
CADのスクールはご存じですよね。では、CADとは何かということはご存じですか、意外とご存じないのが、CADとは何かということです。
CADスクールを体験する
体験コースは、CADスクール選びで迷っている人にお薦め、間違ったスクール選びをする前に、積極的に体験コースに参加することをお薦め。
CADスクールに行く意味
CADスクールに通って無事に課程を修了し、CAD資格を取ったからと言って、就職先が決まった訳でも、すぐに独立できるわけでもありません。
CADスクールに通う?それとも
CADの学び方で、一番良い方法は、通学?通信?独学? 個々の事情で、学び方も違ってくるでしょう、しかし、一番良い方法を見つけるには、全ての方法について知っておく必要があります。
CADスクールを決める判断基準
CADスクールに通おうと決めても、何処にすれば良いのかということがなかなか判断できませんよね、CADスクールを決める判断基準となるヒントを、探してみました、判断基準がよく判らないから。
CADスクール受講料は高いのか
CADスクールの授業料は、受講しようとする講座によって違うのが普通です、単に、CADを学ぶ場合と、専門的な講座を受講する場合では違ってくるのが普通だと考えておいてください、別途費用の必要な講座も調べておきましょう。

スポンサードリンク