CADスクールに入る前に

スポンサードリンク

 

CADスクールに入る前に

CADは、就職や転職を考えている人に限らず注目を浴びています、CADスクールに入って技術を学ぼうとしている人は大変多くいらっしゃいます。
そこで、CADスクールに入る前に、知っておいた方がいい知識を、紹介させてもらいます。
CAD(Computer Aided Design)と言うのはコンピューターが、設計、製図のための作業を支援してくれるという意味で、コンピューターにインストールされたCADソフトを利用して、設計・製図を短時間で、高い精度に完了させることができる大変優れたシステムです。
設計や、製図、特に製図は熟練した技術者の手で作成されていましたが、CADが使われるようになって、急速にCADに移行してきました。
いったいその理由はどこにあるのでしょうか。
・設計に必要な計算などの機械的作業をコンピューターで効率化
・コンピューターが入力されたデータに従い製図をするため品質が向上
・コンピューターに保管された図面の再利用が容易にできる
・訂正、修正のたびに図面を起こす必要がなく時間の効率化
上記が、設計、製図がCADに移行した大きな理由だと言えます。
他には、人件費、つまり、設計製図と一まとめによく言われますが、全く別のものです、設計の担当者も図面は書きますが、あくまで設計のための図面で、製品作成のための図面は、製図の熟練技術者が設計図を元に書いていました。
しかし、CADは、設計から製図までコンピューター任せとはいっても、技術は必要ですが、設計から、図面を起こすまで一人でできる上、時間も短縮されます、製図の熟練技術者を育てる経費を考えれば、はるかに安価に済むということです。
CADソフトには、数種類あり、その中のひとつが「AutoCAD LT」というオートデスク社の汎用CADです。
このCADソフトは、使い手の用途に合わせてカスタマイズできるという利点があり、世界シェアNo.1の地位を誇っており、日本のCAD関係者にも人気があるCADソフトです。
ほかにも代表的な汎用CADソフトとして上げられるのが、構造システム(株)の汎用CAD【DRA-CAD5】というのがあります。
DRA-CAD5という汎用CADソフトは、2次元だけでなく、3次元も扱える上級者向けのCADソフトです。しかし、初心者の方でも比較的簡単に、操作に慣れることができるということで人気のあるCADソフトの一つです。

こういったCADソフトの、基本的な知識や基礎的な使い方を、教えてもらえるのがCADスクールの魅力です。
CADスクールでは、それぞれ、スクールによって使われているCADソフトが違っています。
もし将来、就職や転職を考えている希望の会社があるのなら、その会社の使用しているCADソフトを、スクールで学べるか、どうかを見極める必要があります、スクールに入ってから、学びたいソフトと違ったと後悔しても後も祭りです、スクールに入る前には、授業内容もきちんと調べておくべきです。

CADスクールに入る前に関連ページ

CADって何、基礎の基礎
CADが、就職や転職に有利だと聞いたがCADって何なのという方、CADスクールに通うべきかどうか悩んでいる方のために、CADやスクールについて分かりやすく説明してみましょう。
CADスクールが人気の訳
CADのスクールはご存じですよね。では、CADとは何かということはご存じですか、意外とご存じないのが、CADとは何かということです。
CADを学ぶには
CADスクールに通うことを考えている方にはぜひ読んで頂きたい、汎用CADソフト、専用のCADソフト、jwCADというフリーソフト。
CADスクールを体験する
体験コースは、CADスクール選びで迷っている人にお薦め、間違ったスクール選びをする前に、積極的に体験コースに参加することをお薦め。
CADスクールに行く意味
CADスクールに通って無事に課程を修了し、CAD資格を取ったからと言って、就職先が決まった訳でも、すぐに独立できるわけでもありません。
CADスクールに通う?それとも
CADの学び方で、一番良い方法は、通学?通信?独学? 個々の事情で、学び方も違ってくるでしょう、しかし、一番良い方法を見つけるには、全ての方法について知っておく必要があります。
CADスクールを決める判断基準
CADスクールに通おうと決めても、何処にすれば良いのかということがなかなか判断できませんよね、CADスクールを決める判断基準となるヒントを、探してみました、判断基準がよく判らないから。
CADスクール受講料は高いのか
CADスクールの授業料は、受講しようとする講座によって違うのが普通です、単に、CADを学ぶ場合と、専門的な講座を受講する場合では違ってくるのが普通だと考えておいてください、別途費用の必要な講座も調べておきましょう。

スポンサードリンク